人事担当者が注目するヒューマンスキルとは?|営業学

Sponsored Link

人事担当者が注目するヒューマンスキルとは?

 

企業の人事担当者がビジネスマンに求めている能力とは、一体何でしょうか。あなたも社会人であれば、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

 

就職や転職活動において人事担当者が重要視するのが「ヒューマンスキル」です。過去の経歴や実績と同じように、人事担当者はヒューマンスキルに注目しているのです。

 

また、このヒューマンスキルは営業職に限らず、全ての社会人に求められるビジネススキルです。そこで、ここでは企業の人事担当者が評価するヒューマンスキルについて解説していきます。

 

1、人事担当者が注目するヒューマンスキルとは?

 

まず、全ての社会人に求められる「ヒューマンスキル」とは、一体何でしょうか。ヒューマンスキルとは、仕事を進めていくうえで必要になる対人関係能力のことを指しています。ある一つの能力ではなく、対人関係における様々なスキルの総称です。

 

例えば、相手の言いたいことを的確に捉える理解力やヒアリング能力です。また、お客様と良好な関係を構築する関係構築力というようなビジネススキルです。さらに、コミュニケーション能力やプレゼンテーションスキルもヒューマンスキルに含まれるのです。

 

このようなスキルは、営業職や販売職には必須であることは理解できますよね。しかし、このヒューマンスキルは全ての社会人に求められる能力なのです。

 

職種に関係なくヒューマンスキルが求められる

 

例えば、技術職の代表的な存在であるエンジニアです。エンジニアであれば、プログラミングができれば良いと考えていないでしょうか。ただ、エンジニアにとっても、ヒューマンスキルが仕事をするうえで重要な要素になるのです。

 

例えば、プログラミングによって商品を構築する時は、お客様の要望を正確に把握しなければいけません。正確にニーズを掴んでいなければ、お客様の要望に応えることはできないからです。

 

そこで、エンジニアに求められるのがヒューマンスキルなのです。例えば、営業マンが聞き出すことのできない技術的なヒアリングは、エンジニアが行わなければいけません。そのため、エンジニアであってもコミュニケーション能力や対人関係のスキルが必要になるのです。

 

そして、このヒューマンスキルの能力が高い人ほど、お客様を満足させることができます。顧客の満足度が高まることで、自然にビジネスは拡大していきます。だからこそ、どのような企業であっても、このヒューマンスキルを重要視しているのです。

 

Sponsored Link

 

2、人事担当者はどのようにしてヒューマンスキルを見抜くのか?

 

それでは、企業の人事担当者は、このヒューマンスキルをどのように見ているのでしょうか。実は、面接時の求職者の受け答えを見て、その人のヒューマンスキルを判断しているのです。

 

例えば、転職活動における人事担当者の求職者への評価です。職務経歴書に書かれている実績や実務経験を見れば、企業の人事担当者は求職者の技術スキルを想定できます。

 

しかし、その人のヒューマンスキルまでは、職務経歴書から想定することはできません。なぜなら、ヒューマンスキルは勤務年数や実績のように目に見える形で表現できないからです。

 

そのため、面接における求職者の振る舞いから、人事担当者はその人のヒューマンスキルを確認するしかありません。だからこそ、人事担当者は面接における求職者の受け答えを重要視しているのです。

 

それでは、人事担当者は面接の際に、具体的にどのようなポイントをチェックしているのでしょうか。実際の例を挙げて、それぞれ解説していきます。

 

チェックポイント1.質問の内容を正しく理解しているか

 

まず、企業の人事担当者が最も注目しているのが、質問の内容と意図を正しく理解しているかというポイントです。相手の言いたいことを正確に掴み取る理解力のヒューマンスキルです。

 

例えば、求職者が人事担当者の質問に対して的外れな回答をしていたら、人事担当者はどのように感じるでしょうか。お客様とのコミュニケーションに不安を感じ、人事担当者は採用を躊躇してしまうに違いありません。

 

チェックポイント2.説明や話は分かりやすいか

 

また、分かりやすい説明ができているかというポイントも、多くの人事担当者がチェックポイントとしています。物事を順序立て相手に説明するロジカルシンキングや会話力というようなヒューマンスキルです。

 

物事を論理的に整理して分かりやすく説明する能力は、自分の言いたいことを伝える時の重要なスキルです。このヒューマンスキルがない限り、営業マンの提案がお客様に受け入れられることはありません。

 

チェックポイント3. 人事担当者とコミュニケーションが取れているか

 

そして、3つ目に挙げるのが人事担当者とコミュニケーションが取れているかというポイントです。自分のペースで話をするのではなく、人事担当者とのコミュニケーションが成立しているかという点です。

 

聞き手の立場を考えずに、一方的に話をするのはコミュニケーションではありません。当然ながら、そのようなコミュニケーションでは、お客様と意思疎通を図ることはできません。だからこそ、求職者のコミュニケーションスキルに、人事担当者は注目しているのです。

 

Sponsored Link

 

3、ヒューマンスキルで経験不足をカバーできる

 

さて、ここまでの解説を通して「ヒューマンスキルとは何か」「重要視されている理由」が理解できたのではないでしょうか。当然ながら、このヒューマンスキルが高い人ほど、仕事で成果を上げることができます。

 

例えば、先ほども例に挙げたエンジニアです。エンジニアの技術力は、職場での実務経験に大きく左右されます。

 

なぜなら、実際の開発プロジェクトや案件に携わった実務経験が、技術力の向上に繋がるからです。そのため、実務経験の長いベテランのエンジニアは、高い技術力を持っているのです。

 

しかし、例え実務経験が1年しかなくてもヒューマンスキルの活かし方によっては、2年先輩の上司と対等な立場に立つことができます。つまり、ヒューマンスキルがあれば、エンジニアとしての経験不足をカバーできるのです。

 

例えば、お客様の満足度が高いコミュニケーションスキルやプロジェクト全体の進行を管理するプロジェクトマネジメント能力です。このようなスキルが優れていれば、エンジニアとして成果を上げるのは難しくありません。つまり、ヒューマンスキルによって実務経験のハンデキャップを補えるのです。

 

さいごに

 

さて、ここでは人事担当者が評価するヒューマンスキルについて話をしてきました。あなたは自分のヒューマンスキルをどのように捉えているでしょうか。

 

ヒューマンスキルは、お客様の満足度を高めるために必須となる能力です。だからこそ、どのような企業でもヒューマンスキルが重要視されているのです。当然ながら、企業の人事担当者は、求職者のヒューマンスキルを採用のポイントにしています。

 

そして、企業の人事担当者は面接時の受け答えを見て、その人のヒューマンスキルを判断しています。求職者のヒューマンスキルは、履歴書や職務経歴書からは判断できないからです。

 

さらに、ヒューマンスキルが優れていれば、ビジネスマンとしての経験不足をカバーできます。上司や先輩と肩を並べることができるのです。ここで解説した内容を参考にして、ヒューマンスキルの能力アップに取り組むようにしてください。

 

 

Sponsored Link