給料が安いと感じるときの正しい対処法|営業学

給料が安いと感じるときの正しい対処法

給料が安いと感じるときの正しい対処法

 

あなたは現在の給料に納得していますか。私達が仕事をする目的は、お金が全てではありません。しかし、給料は少しでも高い方が良いですよね。

 

それでは、あなたが貰っている給料は、平均よりも上ですか、下ですか。もし、貰っている給料が周囲よりも安すぎる場合、何か対処する方法はあるのでしょうか。

 

そこで、ここでは自分の給料が安すぎる時の正しい対処方法について解説していきます。安い給料で我慢しながら働いている人は、参考にしてください。

 

 

1、知らなかった給料の平均!自分の給料は少なすぎる

 

最初に、自分の給料が安すぎると感じるのは、具体的にどのような時でしょうか。最もよくあるケースが、国税庁が実施しているサラリーマンの平均年収の額を知った時です。

 

「民間給与実態統計調査」と呼ばれるこの調査は、給料所得者の実態を把握する目的で、国税庁により実施されています。この統計調査の中に「平均給与」という項目があるのです。つまり、給与を貰って働いているサラリーマンの平均年収です。

 

なお、平成28年度のサラリーマンの平均給与は 421 万円でした。これを、男女別に見てみると、男性 521 万円、女性 280 万円という調査結果です。

 

給料が安いと感じるときの正しい対処法

(参考:国税庁平成28年分「民間給与実態統計調査」

 

また、友人が貰っている給料と比較した時に、自分の給料が安すぎることに気づくパターンも多いです。例えば、友人と食事やお酒を飲みに行ったような時は、お互いの仕事の話しになりますよね。このとき、同じ年齢の同級生が貰っている年収よりも、自分の給料が遥かに安かったとしたら非常にショックですよね。

 

また、会社から配布される給料明細を見た時に、自分の給料が安すぎると感じる人もいます。銀行口座に振り込まれる金額しか気にしていなかったが、給料明細書を見て愕然とした、という話も良く耳にします。

 

Sponsored Link

 

2、給料が上がらない場合の正しい対処法

 

さて、給料が安すぎると感じるシチュエーションについて話をしてきました。あなたも思い当たる節があったのではないでしょうか。

 

それでは、自分の給料が上がらない場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか。ここからは、具体的な対処方法について解説していきます。

 

2-1.スキルアップを目指す

 

最初に紹介する具体的な対処方法が、スキルアップに取り組むことです。当然ながら、何もしないで給料が増えていくことはありません。仕事で業績を残し、会社から評価されることで収入が上がります。

 

そこで、業績を上げるためのスキルアップを積極的に行うのです。例えば、営業職であればコミュニケーション能力と言うように、仕事で成果を上げるために必要な能力を磨くのです。いわゆる、自己投資です。

 

2-2.可能な限り残業をする

 

給料が安すぎる時の正しい対処方法として次に挙げるのが、残業代で稼ぐという方法です。基本給が安いのであれば、それ以外で補うしかありません。

 

しかし、近年は残業に対して時間規制を厳しくしている企業が増えています。そのため、所定の時間内の可能な範囲で残業を実施するように注意してください。

 

2-3.無駄な支出を抑える

 

さて、3つ目に紹介する給料が安すぎる時の対処方法は、無駄な支出を抑えることです。給料も残業代も、簡単に増えるものではありません。そこで、日々の出費を抑えるのです。

 

例えば、プライベートで使用している携帯電話のプランを見直したり、会社の飲み会に参加する回数を減らしたりします。現在のお金の使いみちを見直すことで、無駄な支出を抑えましょう。

 

Sponsored Link

 

3、給料が安いなら転職も選択肢のひとつ

 

さて、ここまで給料が安すぎる時の具体的な対処方法を紹介してきました。しかし、残念ながらいずれの方法も、給料を劇的に上げることはできません。

 

それでは、現在の給料が安いサラリーマンが、収入を一気に上げるには、一体どうすれば良いのでしょうか。それは、今の職場を辞めて、転職するしかありません。

 

そして、給料アップを臨んでいる人にお勧めするのが、ハイクラスの求人に強い転職エージェントを活用することです。実績とキャリアがあれば、大幅な給料アップも可能です。そこで、ハイクラスの求人に強い転職エージェントを紹介していきます。

 

ランスタッド(Randstad)

 

給料が安いと感じるときの正しい対処法

 

 

最初に紹介するのが世界規模で事業を展開している転職エージェントの「ランスタッド」です。若者向けのキャリアアップを目的とした転職から、ハイクラスの外資系の求人まで幅広い転職の支援を行なっているのが特徴です。

 

キャリアカーバー(CAREER CARVER)

 

給料が安いと感じるときの正しい対処法

 

 

次に紹介するのが、業界最大手のリクルートが運営する「キャリアカーバー」です。ハイクラスの求人に特化した転職支援サービスを実施しています。通常では公開していないハイクラスの求人情報を入手することが可能です。

 

ジェイエイシーリクルートメント(JAC-recruitment)

 

給料が安いと感じるときの正しい対処法

 

 

そして、最後に紹介する転職エージェントが、「ジェイエイシーリクルートメント」です。役員や幹部、マネジメント職向けの高収入の求人に特化した転職支援サービスを展開しています。主に、外資系企業や海外への転職支援に強いのが大きな特徴です。

 

Sponsored Link

 

さいごに

 

さて、ここでは給料が安すぎる時の正しい対処方法について解説してきました。給料をあげるには、会社で実績を残すしかありません。そのため、仕事で成果をあげるためのスキルを磨く努力が必要になります。

 

また、残業の量を増やして、残業代で稼ぐのも対処方法の一つです。しかし、いずれの対処方法も大幅な給料アップを望むことができません。

 

しかし、給料が上がる見込みのない会社で働き続けるのは、非常に勿体無いことです。安い給料で働き続けるのを受け入れてはいけません。

 

そして、大幅な給料アップを狙うのであれば、転職が最も有効な手段です。ハイクラス求人を扱っている転職エージェントを上手に活用して、理想の給料と職場を手に入れてください。

 

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学