20代の営業マン必見!転職を成功させる3つのポイント|営業学

20代の営業マン必見!転職を成功させる3つのポイント

 

20代の営業マンが転職をするときは、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。経験が浅い新人の営業マンであれば、次の職場が見つかるかが不安になりますよね。

 

しかし、営業マンの転職は、幾つかのポイントを押さえてしまえば難しくはありません。そこで、ここでは新人・20代の営業マンが転職を確実に成功させる方法について解説していきます。

 

 

1、20代の転職はスキルアップのための手段

 

社会人としての経験の少ない20代であっても、私は積極的に転職を勧めています。なぜなら、転職によって色々な職場で働くことで、貴重な経験を積むことができるからです。その経験がビジネスマンとしての成長に繋がるのです。

 

例えば、20代の前半の頃、私は勤務先を3〜4社ほど変えてきました。それぞれの企業に働き方の文化があり、営業のスタイルがありました。このように複数の企業において、様々な形の営業を経験したことで、私は営業に対して柔軟な考え方が持てるようになったのです。

 

もし20代の若い頃に、一つの企業で7〜8年もの長い期間勤めていたとしたら、その会社の営業スタイルに染まっていたでしょう。つまり、営業に対して視野が狭くなっていたに違いありません。

 

2、転職を成功させる3つのポイント

 

しかし、経験の少ない20代であれば、どのように転職活動を進めていけば良いのか分からないですよね。特に、初めての転職であれば、具体的に何をすれば良いのか迷ってしまいます。

 

そこで、ここからは新卒・新人の営業マンが転職を成功させるための3つのポイントについて話をしていきます。

 

2-1. 経験を積むことを重視する

 

最初に挙げるポイントが、経験を積むことを重視するという点です。給料や待遇よりも、自分がチャレンジしてみたい営業の仕事を選ぶことです。なぜなら、先ほども話した通り、20代は経験を積むべき年代だからです。

 

例えば、今まで経験したことのない法人営業に携わることができる企業を選ぶ、というような転職です。

 

どうしても若い時は、目先の収入や勤務条件にこだわってしまいます。しかし、その後の長いキャリアを考えた場合、営業としての経験を重視した方が、結果として稼げる営業マンになれるのです。

 

2-2. 転職エージェントの活用

 

また、転職を成功させるためには、転職エージェントを上手に活用することも大きなポイントです。基本的に転職活動は、現在の職場で働きながら進めていきます。そのため、求人探しや面接対策などに十分な時間を使うことができません。

 

しかし、転職エージェントを活用することで、キャリアアドバイザーがあなたの希望に合った求人を厳選して紹介してくれるのです。さらに、職務経歴書を添削してくれたり、面接対策のアドバイスをしてくれたりします。

 

このようなサービスを提供してくれる転職エージェントを活用することで、あなたの転職活動が成功する確率を大きく高めることができるのです。

 

2-3. 正社員にこだわらない

 

また、次の職場を見つける場合、多くの人は正社員としての雇用にこだわります。しかし、経験を重視するべき20代は、雇用形態はそれほど問題ではありません。そこで、営業マンにお勧めするのが「紹介予定派遣」という仕組みです。

 

紹介予定派遣とは、一定の期間を派遣社員として働いた後に、双方の合意があれば正社員として雇用される仕組みです。入社する前に自分に合った職場かどうかを見極められるので、納得いく転職を実現することができます。

 

Sponsored Link

 

3、人事担当は新人の営業マンに何を求めているのか

 

あなたが希望する転職先から内定を貰うためには、その会社が求めている人材でなければいけません。それでは、企業は20代の社会人に対して、一体何を求めているのでしょうか。

 

それは、ヒューマンスキルです。ヒューマンスキルとは、社会で良好な人間関係を構築するための対人スキルのことを指します。どのようなビジネスマンにとっても、必要とされる能力です。

 

なお、ヒューマンスキルに関しては、以下の記事で詳細を解説していますので、ご確認ください。

 

 

このヒューマンスキルは、エンジニアというような職種であっても必要になります。なぜなら、プログラミングによって商品やサービスを開発するには、お客様の要望を正確に把握する必要があるからです。

 

もちろん、お客様のニーズを把握できていなければ、お客様を満足させることはできません。 そのため、技術職のエンジニアであっても、お客様の要望を正確に理解するためのコミュニケーション能力が求められるのです。

 

また、エンジニアが携わるプロジェクトによっては、お客様の企業に常駐をして、何ヶ月も一緒に仕事をするケースも多いです。そのため、コミュニケーション能力は当然のこと、基礎的なマナーやビジネススキルも必要になります。

 

人事は一緒に働ける人材かを判断する

 

さらに、転職活動の面接においても、採用担当者が最も重視するのがコミュニケーション能力です。採用担当者は、その人のスキルや実績よりも、入社してから周囲の社員達と一緒に働いていける人材であるかどうかを見ているからです。

 

プロジェクトや業務を遂行できる能力だけでは不十分です。日々の仕事を進めていく上では、お客様や社内の人間とのコミュニケーションが大切なのです。転職を確実に成功させるためにも、ヒューマンスキルを高める努力を怠らないようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

3、営業マンの転職は若い年代の方が有利

 

営業マンとして転職をするのであれば、早い方が有利です。なぜなら、若い年代の方が仕事を吸収するスピードが速く、営業マンとして大きく成長できるからです。そのため、20代の前半、遅くても20代後半で転職するのがベストです。

 

基本的に人間は、30代や40代と年齢を重ねるに連れて、物事を吸収しづらくなります。そのため、営業マンとしての今後の長いキャリアを考えた場合、転職は早い方が良いのです。

 

また、営業マンの転職市場を見ても、やはり20代の早い時期の転職の方が有利です。20代前半であれば、「新人歓迎」や「未経験可」という社会人を採用する企業も多いからです。新人の営業マンであれば、20代前半が転職をするベストタイミングなのです。

 

営業スタイルがない方が有利

 

さらに、30歳を超えてから営業マンとして転職するのは、非常にハードルが高いのが現状です。どのような企業であっても、30歳を超えた営業マンに対しては、それ相応のスキルや実績を求めるからです。

 

また、30代や40代の社会人であれば、仕事のスタイルが確立されています。しかし、20代であれば、仕事のスタイルが固まっていないために、採用担当者は内定を出しやすいのです。なぜなら、入社をしてからその社員を、自社の色に染めることができるからです。

 

これも、物事の吸収が速い若い年代のメリットと言えるでしょう。このような背景からも、営業マンとしての転職は早い方が良いのです。

 

さいごに

 

さて、ここでは20代の営業マンが転職を確実に成功させる方法について話をしてきました。転職を成功させるためには、給料や待遇よりも経験を重視することです。目先の収入や勤務条件に左右されずに、自分のキャリアを長期的な視点で考えましょう。

 

また、最初から正社員として働く必要もありません。派遣社員から正社員へ雇用される紹介予定派遣で転職する方法もあるのです。さらに、転職エージェントを上手に活用することで、確実に転職活動を成功させることができます。

 

そして、転職活動の鍵を握るのがヒューマンスキルです。会社は営業マンに対して、顧客と良好な関係を構築するヒューマンスキルを求めているからです。

 

さらに、20代の営業マンが転職するのであれば、早い方が有利です。営業マンとしてのキャリアを着実に積んでいくためにも、仕事の吸収が速い若い年代で転職をするべきです。

 

ここで解説した内容を実践して、20代の営業マンとしての転職を確実に成功させてください。

 

 

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学