職場で嫌われる新人ビジネスマンの3つの特徴|営業学

職場で嫌われる新人ビジネスマンの3つの特徴

 

職場で働いていて、上司や同僚に嫌われているのではないか、と感じたことはないでしょうか。実は、新人で上司に嫌われる社会人には、幾つかの共通点があります。

 

どのような職場であっても、上司に嫌われても仕方がないような考え方や働き方をしているのです。それでは、どのような新人ビジネスマンが上司に嫌われているのでしょうか。

 

そこで、ここでは上司に嫌われる新人ビジネスマンの特徴について解説していきます。上司に嫌われているのではないかと感じたことがある社会人は、是非この記事を参考にしてください。

 

1、最初からできないと決めつけてしまう新卒社会人

 

上司に嫌われるビジネスマンの特徴として最初に挙げるのが、与えられた仕事を最初からできないと決めつける人です。上司から仕事を依頼されても、「それは出来ません」と即座に断るようなビジネスマンです。

 

そもそも、上司はできるからこそ、部下に仕事を与えているのです。どのような上司であっても、実現が不可能な仕事を新人のビジネスマンに任せたりはしません。それにも拘わらず、最初からできないと決めつけているのです。

 

最初からできないと決めつけてしまうと、自分の頭で考えなくなります。そのため、知識や経験が蓄積されていかないため、ビジネスマンとして成長できません。最初からできないと決めつけてしまうと、仕事の成果が上がらないうえに、成長することもできないのです。

 

本来は、上司から仕事を与えられた時に、「どうすれば出来るのか」を考えなければいけません。たとえ、実現性が低いと感じられた仕事であっても、まずは自分の頭で考えることが大切です。そうすることで、ビジネスマンとしても成長していくのです。

 

どうすれば出来るかを考える

 

また、技術的に実現することが難しい仕事であったとしても、即座に仕事を断ってはいけません。与えられた条件を踏まえた上で、どのようにすれば上司の期待に近づけることができるかを考えるのです。

 

例えば、営業職であれば、「このような条件であれば可能です」というように代替案を考えるのです。営業という仕事は、お客様の悩みを解決する仕事です。どのようにすれば、相手の望みを叶えることができるのかを真剣に考えるのです。

 

どのような内容の仕事であっても、最初からできないと決めつけてはいけません。まずは、自分の頭で「どうすれば出来るのか」を考える癖をつけてください。そして、自分の頭で真剣に考えることが、ビジネスマンとしての成長に繋がるのです。

 

2、コミュニケーション能力がないビジネスマン

 

そして、2つ目に挙げる上司に嫌われるビジネスマンの特徴が、コミュニケーション能力が低い人です。業務の技術は持っているのに、コミュニケーションが苦手なために仕事がスムーズに進まないような人です。

 

コミュニケーション能力がゼロのビジネスマンは、自分が言いたいことを他人に伝えるのが苦手です。そのため、周囲のメンバーと歩調を合わせながら、プロジェクトを進めていくことができないのです。

 

結果として、プロジェクトにミスが生じたり、スケジュールの遅延が発生したりしてしまいます。職場にも悪い影響を与えるため、コミュニケーション能力ゼロのビジネスマンは、上司から嫌われるのです。たとえ、業務センスがあったとしても、コミュニケーション能力ゼロでは仕事になりません。

 

コミュニケーションが少ない業種ほど貴重

 

例えば、エンジニアのような仕事は、パソコンと向き合っている時間が長い仕事です。他の職種と比べると、人とのコミュニケーションが圧倒的に少ないです。

 

だからこそ、その少ないコミュニケーションのなかで、正確に意思疎通を図らなければいけないのです。つまり、人と接する機会が少ない業種ほど、高度なコミュニケーションが求められるのです。

 

どのような仕事であっても、上司や同僚とのコミュニケーションは必要不可欠です。新人ビジネスマンは、業務の技術力と同様に、コミュニケーション能力も磨かなければいけないのです。

 

3、すぐに言い訳する新人ビジネスマン

 

そして、上司に嫌われる新人の特徴として最後に挙げるのが、言い訳をして仕事をやろうとしない人です。上司からの指示にも拘わらず、身勝手な言い訳をして仕事から逃れようとするビジネスマンです。

 

基本的に会社に勤めて働くサラリーマンというのは、会社から仕事を与えられるものです。そして、その仕事を行うからこそ、会社から給料が貰えるのです。このように考えると、言い訳をして仕事をやらないことは、大きな問題であることが分かります。

 

経験を積むことが成長への近道

 

また、新人のビジネスマンにとって一番大切なことは、仕事の経験を積むことです。色々なプロジェクトに携わり、実践を通してスキルを身に付けていくことが、一番成長が速いからです。そのため、どのような仕事であっても、上司から指示された仕事には取り組むべきなのです。

 

言い訳をして仕事をやらないのは、大きな間違いです。新人ビジネスマンは、上司から指示された仕事には、全力で取り組まなければいけません。一切の言い訳をせずに仕事に打ち込める人が、ビジネスマンとして成長していけるのです。

 

さいごに

 

さて、ここでは上司に嫌われる新人ビジネスマンの特徴について話をしてきました。もし、あなたにも思い当たる節があったのであれば要注意です。

 

まず、与えられた仕事に対して、最初からできないと決めつけてはいけません。そもそも、あなたの上司は、実現不可能な仕事を振ることはありません。決めつけるのではなく、「どうすれば出来るのか」を考える癖をつけてください。

 

また、ビジネスマンにとってコミュニケーション能力は、非常に重要な要素です。どのようなプロジェクトであっても、上司やメンバーとのコミュニケーションが必要になるからです。業務のスキルだけでは、ビジネスマンの仕事が成り立たないことを理解しなければいけません。

 

さらに、上司から指示された仕事には、全力で取り組んでください。どれほど小さな仕事であっても、その積み重ねがビジネスマンとしの成長に繋がるからです。自分勝手な言い訳をして、その仕事から逃れようとするのは論外です。

 

上司に嫌われているのではないかと感じたことがある新人は、ここで解説した内容を参考に、日々の仕事を改めるようにしてください。