【保存版】口が悪い上司への正しい対処方法|営業学

【保存版】口が悪い上司への正しい対処方法

 

どのような会社にも、乱暴な言葉で部下を叱る上司がいるものです。仕事が忙しくてイライラしてくると、感情に任せて怒鳴り散らすような上司です。あなたの職場にも、口の悪い上司がいるのではないでしょうか。

 

しかし、口の悪い上司の元で働くのは、気分が良いものではありません。また、一緒に働く部下は、余計なストレスも溜まり、職場の雰囲気も悪くなります。口の悪い上司は、本当に厄介な存在です。

 

それでは、職場に口の悪い上司がいるときは、具体的にどのように接すれば良いのでしょうか。ここでは、口が悪い上司に対する正しい対処方法について解説をしていきます。

 

1、口が悪い上司の3つの共通点

 

まず、口の悪い上司とは、どのような性格の持ち主なのでしょうか。実は、口の悪い上司には、幾つかの共通点があります。

 

そこで、ここからは口の悪い上司の特徴について話をしていきます。ここで挙げるような特徴を持った上司が、あなたの職場にもいたら要注意です。

 

1-1.自己中心的な性格

 

口の悪い上司の特徴として最初に挙げるのが、自己中心的であるという点です。一緒に働くメンバーのことは一切気にせずに、自分のことばかり考えている人です。

 

他人に対する配慮ができないため、相手が傷つくような言葉で叱ったり、怒鳴ったりするのです。たとえ、自分の直属の上司ではなかったとしても、このような人とは一緒に働きたくないですよね。

 

1-2.周囲からも嫌われている

 

また、口の悪い上司というのは、周囲の人間からも嫌われている人がほとんどです。常に他人の悪口を言っているため、職場の人達から距離を置かれてしまうのです。

 

悪口というのは、他人を攻撃する行為ですが、結局は自分に返ってきます。そのため、口の悪い上司は、自然に周囲の人間からも嫌われていくのです。

 

1-3.短気で気分屋である

 

さらに、口の悪い上司は、短気で気分屋の性格であるという特徴も挙げられます。何か気に食わないことがあると、感情に任せて怒り出すような人です。

 

感情をコントロールするのが苦手で、ついカッとなって乱暴な言葉を使ってしまいます。どのような職場にも、気分屋の性格の上司がいるのではないでしょうか。

 

どのようにして口の悪い上司に対処するか

 

ここまで、口の悪い上司の主な特徴について話をしてきました。それでは、実際にこのような上司と一緒に働くことになった場合、どのように接していけば良いのでしょうか。

 

そこで、ここからは口の悪い上司に対する対処方法について解説をしていきます。どのような人でも実践できる具体的な対応策を挙げていきますので、是非、参考にしてください。

 

2-1.毅然とした態度で接する

 

最初に紹介する口の悪い上司への対処法は、毅然とした態度で接することです。必要以上に謝ったり、ペコペコしたりしてはいけません。

 

口の悪い上司に対して下手に出てしまうと、その上司は調子に乗ってしまいます。そのため、さらに態度がでかくなる可能性が高いです。口の悪い上司であっても、毅然とした態度で接することを心がけてください。

 

2-2.上手に話題を変える

 

次に紹介する口の悪い上司への対処が、話を上手に反らすという対応です。口の悪い上司が他人の悪口を言い始めたら、上手く話題を変えるのです。

 

このときのポイントは、口の悪い上司に気付かれないように、話の内容をズラしていくことです。その上司の反応を見ながら、徐々に話題を変えていきます。そうすることで、ネガティブな話題から来るストレスを、極力減らすことができるのです。

 

2-3.職場で味方を作っておく

 

また、一人でストレスを抱え込まないためにも、職場に味方を作っておくのが、非常に有効な対処方法です。例えば、気軽に相談できたり、愚痴を聞いてもらえたりする仲間です。

 

このような味方が職場に一人でもいると、気分が非常に楽になります。また、上司に対して一人で悩んでいると、精神的にも良くありません。一人でストレスを抱え込まないためにも、意識して職場に味方を作っておきましょう。

 

最終的には転職を考えるのが得策

 

さて、ここまで口の悪い上司が職場にいる時の上手な対処法について話をしてきました。どのような人にも実践できる具体的な対策を説明してきたので、今すぐにでも行動に移してみてください。

 

ただ、口の悪い上司への対処は、あなた一人でやり切れない部分もあります。例えば、パワーハラスメントのような行為に対しては、会社として取り組まなければいけない問題であるらです。

 

しかし、残念ながらパワハラのような問題に対して、十分な対策が実施できていない企業が多いのも事実です。それでは、対策が不十分な企業で働いている場合、口の悪い上司とはどのように付き合っていけば良いのでしょうか。

 

会社が口の悪い上司への対応をしてくれないのであれば、迷わず転職を考えるべきです。口の悪い上司と嫌々働き続けるよりも、別の働き先を見つけるのです。

 

人間関係が原因で転職することに対して、否定的な意見を持つ人がいます。しかし、どのような理由であっても、より良い職場を求めて転職をすることは、決して間違いではありません。

 

それよりも、口の悪い上司と一緒に我慢しながら働き続ける方が問題です。職場のストレスが原因でうつ病になる人もいます。あなたがストレスで体調を崩す前に、今すぐに転職活動をスタートさせましょう。

 

さいごに

 

さて、ここでは口が悪い上司の特徴と対処方法について話をしてきました。どのような会社にも、周囲から嫌われている口の悪い上司というのがいるものです。しかし、このような上司と一緒に働くのは、ストレスにしかなりません。

 

余計なストレスを抱えないためにも、ここで解説した上司への対処方法を実践してみてください。口の悪い上司に対するストレスを、大きく軽減することができます。

 

さらに、口の悪い上司を対処する体制が整っていない企業であれば、積極的に転職を考えなければいけません。人間関係が原因で転職をするのは、ネガティブなことではありません。あなたにとって最適な職場を見つけるためにも、前向きな気持ちで転職活動をスタートさせてください。