他人の悪口や陰口ばかり言う人の特徴と対処方法|営業学

他人の悪口や陰口ばかり言う人の特徴と対処方法

 

どのような職場にも、他人の悪口や陰口を言う人が必ずいるものです。あなたの職場にも、いつも他人の悪口を言っている人がいるのではないでしょうか。

 

しかし、悪口や陰口を言われれば、誰だって良い気分にはならないですよね。職場の人間関係も悪くなりますし、余計なストレスが増えるだけです。

 

それでは、自分の職場に悪口を言う人がいる場合は、どのようにすれば良いのでしょうか。そこで、ここでは人の悪口や陰口をばかり言う人の特長と対処方法について解説していきます。

 

1、仕事場で悪口や陰口ばかり言う人の特徴

 

最初に、悪口や陰口を言う人の特徴について話をしていきます。あなた自身、もしくは周囲の同僚や上司が当てはまっていないか、チェックしてみてください。

 

1-1.ストレスを抱えている人

 

まず、他人の悪口や陰口を言う人は、ストレスを抱えているという特徴が挙げられます。日頃から溜まっているストレスを発散させるために、他人の悪口を言うのです。

 

例えば、普段は面と向かって言えない上司の悪口を、その上司がいない所で言って、ストレスを発散させているのです。

 

人間は自分が思っていることを他人に話すだけでも、気分がスッキリするものです。そのため、日々の生活や仕事でストレスを抱えている人は、他人の悪口や陰口を言う傾向が強いのです。

 

1-2.プライドが高すぎる人

 

また、他人の悪口や陰口を言う人は、プライドが高い人が非常に多いです。自分のプライドを守るために、相手の評判を下げようとして、悪口や陰口を言うのです。

 

例えば、同期の同僚が、自分よりも高い業績を残したとします。しかし、プライドが高いために、同期の同僚の評価が、自分よりも上がることに納得できないのです。そのため、その同期の評価を下げようとして、悪口や陰口を言うのです。

 

1-3.他人に配慮ができない人

 

そして、誰かの悪口や陰口を言う人には、他人に対する配慮ができないという特徴も挙げられます。相手の気持ちを考えずに、自分の都合だけで悪口を言っているのです。

 

他人に悪口を言われれば、誰でも傷つくものです。しかし、他人に配慮ができないために、この当たり前のことに気づけないのです。そのため、他人に配慮ができない人は、平気で他人の悪口や陰口を言ってしまうのです。

 

2、絶対に他人の悪口や陰口を言わない人の特徴

 

他人の悪口や陰口を言う人がいる一方で、絶対に言わない人もいます。それでは、悪口や陰口を絶対に言わないと決めている人には、どのような特徴があるのでしょうか。ここからは、悪口や陰口を言わない人の特徴について話をしていきます。

 

2-1.自分の軸を持っている人

 

まず、自分の軸を持っている人は、他人の悪口を言いません。周囲や他人に流されることなく、自分自身の考え方や意見を持っている人です。

 

基本的に悪口と言うのは、他人のことが気になっているから言うのです。しかし、確固たる自分の軸を持っていれば、他人のことは気になりません。そのため、自分の軸を持っている人は、他人の悪口や陰口を言うことがないのです。

 

2-2.素直で謙虚な人

 

また、悪口を言わないと決めている人は、素直で謙虚という特徴があります。仕事でミスや失敗をしても、「自分自身が悪かった」と素直に認められる人です。

 

このような素直で謙虚な人は、自分自身のミスだけでなく、他人の至らない点も受け入れられます。そのため、素直で謙虚な人は、他人の悪口や陰口を言うことがありません。

 

 

2-3.前向きでポジティブな人

 

さらに、他人の悪口を絶対に言わない人は、前向きでポジティブという特徴もあります。物事の良い面に注目をして、プラスに考えることができる人です。

 

悪口や陰口を言うのは、相手のネガティブな部分にフォーカスしている証拠です。ただ、ポジティブで前向きな人は、他人のネガティブな部分ではなく、良い部分に注目できるので、悪口を言わないのです。

 

3、職場にいる悪口・陰口を言う人への対処法

 

それでは、周囲に悪口や陰口を言う人がいる時は、どのように対処すれば良いのでしょうか。たとえ悪口を言う人がいたとしても、同じ職場の仲間ですから険悪な関係になりたくはないですよね。

 

そこで、ここからは悪口や陰口を言う人がいる時の具体的な対処法について解説していきます。職場の人間関係を悪化させないためにも、是非参考にしてください。

 

3-1. 自分から上手に距離を置く

 

悪口や陰口を言う人が職場にいる時は、自分から上手に距離を置くのが最も効果的です。このときのポイントは、あからさまに距離を置くのではなく、相手に気付かれないように距離を置くことです。

 

例えば、昼食や飲み会などに参加するのであれば、最初からその人の近くに座らないようにします。また、悪口や陰口が始まったら、トイレなどに行くふりをして何気なく席を外すのです。

 

このように、悪口や陰口を言う人が職場にいる時は、その人を避けているのを気付かれないように、上手に距離を置きましょう。

 

3-2.上手に指摘してあげる

 

また、悪口や陰口を言う人に指摘してあげることも、効果的な対処法です。ポイントは、相手の気分を損ねないように注意することです。

 

例えば、悪口や陰口を言った相手を、真っ向から否定してしまうと険悪なムードになってしまいます。それこそ、悪口を悪口で返すようなものです。そのため、相手を傷つけないように、上手に指摘してあげなければいけません。

 

特に、他人の悪口を言っている時は、頭に血が登っているケースが多いです。そのため、「誰にでも悪い部分はあるから」と言うように、悪口を言っていることをソフトに指摘してあげましょう。

 

さいごに

 

さて、ここでは人の悪口や陰口をばかり言う人の特長と対処方法について解説してきました。どのような職場にも、他人の悪口や陰口を言うのが好きな人がいるものです。しかし、悪口や陰口は、職場の人間関係が悪化する原因にしかなりません。

 

毎日働く職場ですから、人間関係などで余計なストレスを抱えたくはないですよね。ここで解説した悪口や陰口を言う人への対処法を実践して、職場の人間関係を悪化させないようにしてください。