頭が悪い上司や同僚の特徴と付き合い方|営業学

Sponsored Link

頭が悪い上司や同僚の特徴と付き合い方

 

あなたの職場には、頭が悪すぎる同僚はいませんでしょうか。会社で色々な人と仕事をしていると、頭が悪いと感じる人が、何人かはいますよね。

 

しかし、頭の悪い人と一緒に働いていると、仕事がスムーズに進まないものです。それでは、頭が悪すぎる同僚とは、どのように仕事を進めていけば良いのでしょうか。

 

そこで、ここでは頭が悪すぎる同僚とうまく共存するための対処方法について解説していきます。あなたの仕事場に頭が悪いと感じる人がいれば、ここで紹介する共存するためのテクニックを参考にしてください。

 

1、職場にいる頭が悪い人の特徴

 

どのような職場にも存在する頭の悪い人とは、具体的にどのような人でしょうか。最初に、頭の悪い人の特徴について話をしていきます。

 

1-1.物事の理解が遅い

 

まず、仕事場にいる頭が悪いと感じる人の1つ目の特徴として、物事の理解が遅いという点が挙げられます。仕事の進め方やプロジェクトの内容を聞いても、すぐに理解ができない人です。

 

また、仕事を覚えるのも遅く、上司からも見放される存在です。物事の理解が遅い人は、典型的な仕事ができない人です。

 

1-2.会話が苦手である

 

2つ目の頭が悪いと感じる人の特徴が、会話が苦手という点です。その人の話を聞いていても、何が言いたいのかが伝わってこないような人です。どのような職場にも、このような会話が下手な人がいるのではないでしょうか。

 

頭の中で整理できていない状態で話し始めるので、無駄な話が多く、会話にまとまりがないのです。このように、頭が悪い人はコミュニケーションが苦手なため、当然ながら仕事もできません。

 

1-3.自分の考えがない

 

そして、悪いと感じる人の特徴として最後に挙げるのが、自分自身の考えを持っていないという特徴です。周囲の意見に流されやすく、自分独自のアイデアがない人です。

 

例えば、上司から任された仕事に対しても、言われたことしかやらないタイプです。頭で考えて行動することが苦手なため、想定外のことが起きると対処できなくなってしまうのです。

 

Sponsored Link

 

2、.頭が悪い人への正しい対処法

 

ここまで頭が悪い人の特徴について話をしてきました。それでは、このような頭が悪いと感じる人と一緒に仕事をする時は、具体的にどのように付き合えば良いのでしょうか。ここからは、頭が悪いと感じる人への対処法を説明していきます。

 

2-1.分かりやすく説明する

 

最初に挙げる対処方法が、頭が悪い人には、物事を丁寧に分かりやすく説明するという方法です。具体的なサンプルを挙げたりして、相手が理解しやすいように話を進めましょう。

 

また、話を進めながら、相手が理解しているかを確認するのも非常に有効です。頭が悪い人は、頭の回転が遅いために、話の内容を理解するまでに時間がかかるからです。

 

2-2.全否定はしない

 

そして、2つ目に挙げる対処法が、頭が悪い人を全否定しないという方法です。頭が悪い人は、物事を正常に判断することができないために、正論が通じないからです。

 

正論が通じない人の意見を真っ向から否定してしまうと、言い争いにしかなりません。そのため、相手の意見を受け入れてから、正論に気づかせてあげるのがベストです。どんなに間違った意見であっても、全否定はしないように気をつけましょう。

 

2-3.簡単な仕事を任せる

 

また、頭が悪いと感じる人への対処法として、簡単な仕事だけを任せるということも重要なポイントです。頭が悪い人でもできるような簡単な業務のみを与えるようにしましょう。

 

例えば、新しいプロジェクトや重要なお客様の案件というような難易度の高い仕事は、頭の良い人に集中させるのです。頭の悪い人に重要な仕事を与えないことが、大きなミスや失敗を防ぐリスクヘッジになるのです。

 

Sponsored Link

 

3、頭の良い人、悪い人の特徴

 

さて、ここまで具体的な頭の悪い人への対処法について話をしてきました。それでは、頭の良い人と悪い人には、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。ここからは、頭の良い人と悪い人の差について解説していきます。

 

3-1.思考力の違い

 

まず、頭の良い人と悪い人の差として挙げるのが、思考能力の違いです。頭の良い人は、思考力が高く、物事を柔軟に考えることができます。

 

例えば、相手やお客様の立場に立って物事を考えられるような人です。そのため、思考力が高い頭の良い人は、ビジネスにおいても成果を上げやすいのです。

 

一方で、頭の悪い人は、思考力が低いです。思考の幅が狭く、論理的に物事を考えることが苦手な人です。そのため、思考力が低い頭の悪い人は、仕事ができない人が多いのです。

 

3-2.先読みする能力の違い

 

また、頭の良い人と悪い人には、先読みする能力にも大きな差があります。先読みする能力とは、将来の出来事を予測する能力のことです。

 

例えば、お客様に断られることを想定して、別のパターンの提案も事前に準備ができるような人です。頭の良い人は、この先読みする能力に優れているので、仕事ができる人が多いです。

 

しかし、頭の悪い人は、先読みする能力が欠けています。そのため、仕事では決まりきったことしかできず、期待以上の成果を上げることができません。常に先を予測して行動しなければ、仕事で成果を上げられないのです。

 

3-3.想像力の違い

 

そして、頭の良い人と悪い人の違いとして最後に挙げるのが、想像力の差です。想像力とは、相手の本心や欲求を頭の中でイメージできる能力です。そして、頭の良い人は、この想像力に優れています。

 

想像力が高い人は、上司やお客様が「何を考えているか」を想像することが得意です。そのため、想像力が高く頭の良い人は、相手を満足させる仕事ができるのです。

 

しかし、頭の良い人は、共通して想像力がありません。上司やお客様の気持ちを汲み取れないのです。そのため、独りよがりな仕事ばかりで、相手に満足してもらえません。

 

さいごに

 

さて、ここでは頭が悪すぎる同僚とうまく共存するためのテクニックについて話をしてきました。どのような職場にも、頭の悪い同僚がいるものです。

 

そして、頭の悪い人との付き合い方は、仕事を進めるうえでも大切なポイントです。なぜなら、頭の悪い人にミスをされれば、余計な仕事が増えてしまうからです。しかしながら、頭の悪い人に全く仕事を与えない訳にもいきません。

 

つまり、仕事場にいる頭の悪い人とは、うまく共存していかなければならないのです。ここで解説した内容を正しく理解して、職場にいる頭が悪すぎる同僚をうまく対処してください。

 

 

Sponsored Link