残念!高学歴なのに仕事ができない人の特徴|営業学

残念!高学歴なのに仕事ができない人の特徴

 

どのような職場でも大きな期待を受けるのが、高学歴のビジネスマンです。誰もが知っている一流大学の出身者であれば、仕事でも優秀な成績を残せるに違いありません。

 

しかし、高い学歴を持っているのに、仕事が全くできない人が世の中には溢れています。

 

なぜ高学歴なのに、仕事ができないのでしょうか。ここでは高学歴でも仕事ができない人の特徴について解説していきます。

 

1、学歴の高い人は期待される?

 

まず、学歴の高い人は、職場の同僚や上司からどのように思われているのでしょうか。一流と言われる大学を卒業している高学歴の人は、職場では大いに期待されます。なぜなら、学業優秀で勉強ができるのであれば、仕事もできるに違いないと考えるからです。

 

また、高学歴ということは、常に優秀な成績を残してきた証拠です。そのため、仕事においても「優秀」な成績を残せるだろうと周囲が期待するのは、ごく自然な流れです。

 

例えば、自分の部署に高学歴の新卒が配属されると分かれば、それを喜ばない上司などいません。どのような企業であっても、学歴の高い人は期待されるのです。

 

さらに、学歴の高い人は、知識が豊富で頭の回転が速いので、仕事においても色々と機転が利くのだろうと思われます。そのため、職場にいる同僚や上司からは、「仕事ができる人」として期待されるのです。

 

2、残念!高学歴なのに仕事ができない人の特徴

 

このように、「仕事ができる人」として期待される高学歴ですが、仕事ができない人がいるのも事実です。なぜ学歴が高いのに、仕事ができないのでしょうか。ここからは、高い学歴を持っているのに、仕事ができない人の特徴について話をしていきます。

 

2-1.自己主張が強く協調性がない

 

高学歴なのに仕事ができない人の特徴として多いのが、自己主張が強く協調性がない人です。自分の考えや意見ばかりをアピールして、周囲の人間と歩調を合わせることができないのです。

 

サラリーマンというのは、職場の人間と一緒に仕事を進めて行かなければいけません。そのため、他人の意見を尊重したり、周囲の人達にペースを合わせたりしなければならないのです。

 

そのため、いくら高学歴で頭が良くても、自己主張が強く協調性がない人は、仕事で成果をあげられないのです。

 

2-2.不測の事態に対応できない

 

また、高学歴なのに仕事ができない人は、不測の事態に対応するのが苦手な人が多いです。急なトラブルや予測がつかないような事態が発生すると、自分で対処ができない人です。

 

例えば、受験や試験のように正解が決まっている問題を解くのは、高学歴の人は非常に得意です。しかし、仕事には絶対的な正解がありません。そのため、その場で判断しながら対処していく応用力が求められるのです。

 

この仕事で必要とされる応用力は、学生の頃の勉強では身につきません。つまり、学歴とは無関係です。そのため、高学歴でも不測の事態に対応できない人は、仕事ができないのです。

 

2-3.プライドが高い

 

そして、高学歴なのに仕事ができない人の特徴として最後に挙げるのが、プライドが高い人が多いという点です。自分のやり方が正しいと思い込み、他人のアドバイスに耳を貸さないような人です。

 

高学歴で頭が良いために、自分よりも先輩の意見であっても、自分の考え方の方が正しいと決めつけているのです。そのため、他人の意見やアドバイスを聞こうとしません。

 

しかし、他人の意見を素直に聞き入れる謙虚な姿勢がなければ、仕事で成長することはできません。自分自身の考え方やアイデアだけで成果を上げられるほど、ビジネスは甘くないからです。

 

3、学歴が低くても仕事ができる人の共通点

 

ここまで、高学歴なのに仕事ができない人の特徴について話をしてきました。一方で、学歴がなくても仕事ができる人がいるのも確かです。

 

なぜ学歴がないにも拘らず、仕事で成果を上げることができるのでしょうか。そこで、ここからは学歴がなくても仕事のできる人の特徴について話をしていきます。

 

3-1.高い探究心を持っている

 

まず、学歴がなくても仕事ができる人は、高い探究心を持っているという特徴があります。自分が興味を持ったことに対して、深く追求するのが好きな人です。

 

先ほども話をした通り、仕事には正解がありません。そのため、自分の頭で深く考えたり、周囲の人に意見を聞いたりして最適な方法を見つけていくしかありません。そのため、高い探究心を持っている人は、仕事で成果を上げやすいのです。

 

3-2.素直で謙虚な心を持っている

 

また、素直で謙虚な心を持っている人は、学歴に関係なく仕事ができる人が多いです。自分の失敗を素直に認めて、他人のやり方や意見を参考にできる人です。

 

謙虚な心を持っていれば、自分の至らない点を認めることができます。そうすることで、仕事における改善点が明確になり、それを克服できるのです。そのため、ビジネスマンとして成長が速いのです。

 

3-3.トレンドに敏感である

 

そして、トレンドに敏感であることも、仕事ができる人の特徴として挙げられます。世の中の動きに精通していたり、流行に詳しかったりする人です。

 

トレンドとは、世の中の多くの人達が興味を持っている対象です。つまり、トレンドに敏感な人は、世の中の人が何を求めているのかに詳しい人です。お客様ありきのビジネスの世界において、相手が何を求めているのかを知っている人が、有利であることは言うまでもありません。

 

このように、学歴がなくても仕事ができる人の特徴を見ていくと、学歴と仕事が本質的に異なることが理解できます。勉強ができる能力と仕事ができる能力は、全く違うのです。

 

さいごに

 

さて、ここでは高学歴なのに仕事が全くできない人の特長について話をしてきました。ここで挙げた特徴に関して、思い当たる節があれば要注意です。改善するように努めましょう。

 

また、学歴に関係なく仕事ができる人の特徴についても解説してきました。あなたが高学歴なのに仕事ができずに悩んでいるのであれば、この仕事ができる人の行動や習慣を積極的に取り入れてください。