エンジニア必見!成長するための正しいリスクの取り方|営業学

エンジニア必見!成長するための正しいリスクの取り方

 

エンジニアが日々の仕事に取り組むうえで、最も大切なことは一体何でしょうか。それは、リスクをとらなければいけないということです。

 

しかし、一体どのようにしてリスクを取れば良いのでしょうか。そして、なぜエンジニアはリスクを取らなければいけないのでしょうか。

 

そこで、ここではエンジニアがリスクを取るべき理由と、正しいリスクの取り方について解説していきます。

 

エンジニアとして働いているが、思うような成果が上がらずに悩んでいるのであれば、是非この記事で学んでください。

 

 

1、リスクで成長できる本当の理由

 

プログラミング開発であってもシステム構築であっても、エンジニアはリスクをとることが大切です。なぜエンジニアは、仕事においてリスクをとらなければいけないのでしょうか。

 

それは、リスクをとらなければ、エンジニアとして成長することができないからです。

 

例えば、新しいプログラミング言語にチャレンジしたり、今まで経験のないプロジェクトに参加したりしなければ、新しいことを学べません。もし、ミスや失敗を恐れて行動に移さないのであれば、何の学びも得ることができないのです。

 

確かに仕事で失敗することを頭の中でイメージすると怖くなります。仕事でのミスや失敗は、無い方が良いので当然のことです。しかし、そこで怖気づいてチャレンジすることを躊躇ってはいけません。

 

リスクを取ることで成功に近づける

 

例えば、ビジネスで成功している企業やプロジェクトは、間違いなくリスクを受け入れて行動しています。リスクを真正面から受けとめて、それを克服しているから成功する確率が高まるのです。

 

たとえ、ミスや失敗があったとしても、何が悪かったのか反省し、次に活かしていけば良いのです。このように、改善を繰り返していくことが、エンジニアとしての成長に繋がるのです。

 

そのためエンジニアは、リスクをとって様々な仕事にチャレンジしてください。ミスや失敗を恐れてはいけません。リスクを真正面から受けとめて積極的に行動することで、エンジニアとして成長できるのです。

 

Sponsored Link

 

2、積極的にリスクを取るエンジニアの勇気

 

しかし、ミスや失敗を恐れてはいけないと言われても、なかなか前に踏み出せないことってありますよね。このようときにエンジニアは、一体どのように対処すれば良いのでしょうか。

 

それは、仕事における小さなリスクを取りながら、自分の中にリスク取る勇気を育てていくことです。このときのポイントは、ミスや失敗をしても影響の範囲が少ないような小さなリスクを選ぶことです。

 

例えば、検証環境におけるプログラミングやコード実装です。このような、ダメージの影響範囲が少ないリスクであれば、積極的にチャレンジすることができますよね。このようなチャレンジを繰り返していくことで、リスクを取る勇気を育てていくのです。

 

最後までやり遂げる自信

 

また、エンジニアには、最後までやり遂げる自信を持つことも大切です。例えば、コードを書いて実装しても、予測通りに動かないことは日常茶飯事です。そのため、諦めずに最後まで開発に取り組まなければいけません。

 

そこで、エンジニアにとって必要になるのが、最後までやり遂げる自信です。なぜなら、「自分は絶対にできる」という確固たる自信がなければ、最後までやり遂げることが難しいからです。

 

エンジニアには、リスクと取る勇気と最後までやり遂げる自信が必要であることを理解してください。

 

Sponsored Link

 

3、ミスや失敗は成長するための経験である

 

しかし、仕事におけるリスクが大きい場合は、エンジニアはどのように対処すれば良いのでしょうか。ミスや失敗を恐れてはいけないと言われてもリスクが大きければ、チャレンジすることを躊躇してしまいますよね。

 

そこで大切なポイントが、リスクや失敗に対する捉え方を変えることです。失敗という結果として考えるのではなく、それを「挑戦」として捉えるのです。

 

例えば、何百行と書いていたプログラムでも、別のやり方を試したらたった数行のコードで済んでしまうこともあります。なぜなら、プログラムには絶対にこれでなければいけないという正解が存在しないからです。

 

何事にも挑戦していく姿勢

 

ここで大切なポイントが、別のやり方にチャレンジしたことです。つまり、別のやり方を試してみたからこそ、「数行のコードで済む」ことを発見できたのです。このように考えれば、何事にも挑戦していく姿勢が大切であることが理解できます。

 

特にIT業界は、技術の発展スピードが速いので、常に新しいスキルや言語を学んでいかなければいけません。当然ながら、新しいスキルや言語の基礎知識や理論が頭に入っていても、実践で使えなければ意味がありません。

 

そして、エンジニアが新しいスキルを身につけるには、実際に手を動かして学んでいくことが一番なのです。そのため、新しいスキルや言語には、積極的に挑戦してください。たとえ、最初は上手くいかなかったとしても、そこから学ぶことができるのです。

 

さいごに

 

さて、ここではエンジニアがリスクを取るべき理由と、正しいリスクの取り方について話をしてきました。あなたは普段の仕事の中で、リスクを取ることを意識していますでしょうか。

 

エンジニアとして成長が速い人は、間違いなくリスクを積極的に取っています。ミスや失敗を恐れずに、新しい言語やプロジェクトにチャレンジしているのです。そして、チャレンジしているからこそ学びが多く、成長のスピードが速いのです。

 

しかし、ミスや失敗を恐れてはいけないと言っても、なかなか思うようには動けないですよね。そこで、リスクをとる勇気を育てることを意識してみてください。

 

最初は小さなリスクを取りながら、徐々にリスクを取ることに慣れていくのです。そして、最後までやり遂げる自信を持ちながら取り組んでください。

 

さらに、ミスや失敗に対する考え方も大切です。たとえ、プログラミングでミスをしたとしても、それを失敗と捉えるのではなく、挑戦と捉えるのです。つまり、新しいことにチャレンジしたからこそ、学びを得ることができたと考えるのです。

 

ここで解説した内容を正しく理解して、エンジニアは自分の成長のために積極的にリスクを取ることを意識してください。

 

 

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学