職場で感謝される人になるための9つの習慣|営業学

Sponsored Link

職場で感謝される人になるための9つの習慣

 

あなたは職場の同僚や上司から感謝されていますか。毎日、同じ組織で働く仲間ですから、良好な関係を築きたいですよね。

 

しかし、職場の人達から感謝される人になるには、具体的にどのように仕事に取り組めばよいのでしょうか。

 

そこで、ここでは組織で感謝される人になるために必要な要素について解説していきます。

 

1、リーダー・マネージャーに必要な要素

 

長期に渡って働くに連れて、ビジネスマンは組織の価値を見直すことが求められます。なぜなら、経験を積み重ねていくに連れて、リーダーやマネージャーといった役職を与えられるからです。

 

例えば、平社員であれば、自分に与えられた仕事に全力で取り組んでいれば問題はありません。しかし、リーダーとしての役割が与えられた人であれば、どのように組織として動くべきかを考えなければいけないのです。

 

組織とは、複数の人の集まりです。一人では実現できない仕事でも、複数の人であれば実現できる仕事があります。

 

そこに組織の価値があるのです。だからこそ、リーダーやマネージャーは、組織の価値を今一度、見直さなければいけないのです。

 

Sponsored Link

 

2、感謝される人になるための9つの習慣

 

次に、職場で周囲に人から感謝される人になるために必要な要素について話をしていきます。職場における具体的な行動や習慣を9つの習慣で紹介していきますので、是非あなたも取り入れてみてください。

 

2-1.遅刻や欠勤をしない

 

最初に挙げるのが、遅刻や欠勤をしないことです。確実に決められた時間を守り、余程の理由がない限り仕事を休んではいけません。

 

遅刻や欠勤をしない人は、コンスタントに仕事に取り組めるため上司に感謝されやすいのです。遅刻や欠勤をしないことは、社会人としての常識ですが、できていないビジネスマンが多いのが現状です。

 

2-2.スキルアップに取り組む

 

また、スキルアップに取り組んでいる人も周囲から信頼されやすいです。自己啓発に取り組んでいて毎年、前年を上回る成績を残すような人です。

 

スキルアップを行なっている人は、真剣に仕事に取り組んでいる証拠です。ビジネスマンとしての実力が向上していけば、お客様からも感謝されますし、会社や上司からも感謝されます。まずは、スキルアップのために何ができるかを考えてみてください。

 

2-3.周囲の人への気遣い

 

そして、周囲の人達への気遣いができることも非常に大切な要素です。職場に困っている人がいれば、一言声をかけることができる人です。

 

他人の事を気遣い、配慮ある行動が取れば、周囲から感謝されることは言うまでもありません。他人から感謝されるためには、まず他人を気遣うことが大切なのです。

 

Sponsored Link

 

2-4.他人に感謝できる人

 

そして、職場の同僚や上司に対して素直に感謝できる人も、他人から感謝されやすい人の特徴でもあります。他人に行動に対して、素直に御礼を言えるような人です。

 

職場で一緒に働く仲間に対して「有り難う」が言えない人が、他人から感謝されるはずはありません。結局は、他人に感謝できる人が、他人からも感謝されるのです。

 

2-5.正直で誠実な人

 

また、他人から感謝される人は、正直で誠実であるという特徴を持っています。どのような状況であっても嘘をつかず、誠実に仕事に取り組んでいる人です。

 

仕事におけるミスや失敗を正直に認められない人が、他人から感謝されることはありません。職場では、常に正直で誠実に対応することを心がけてください。

 

2-6.前向きで明るく

 

常に前向きで明るく振る舞うことも、他人から感謝されるために必要な要素です。仕事でミスや失敗があったとしても、落ち込んだりせずに前向きに取り組める人です。

 

ネガティブに考える人や根暗な性格の人は、職場で好かれることはありません。どのような気分であっても、職場では前向きで明るく振る舞うことを意識しましょう。

 

2-7.自分を持っている人

 

さて、感謝される人になるための習慣として次に挙げるのが、自分の意見を持つことです。どのような状況であっても、自分の意見を発言することを心がけてください。

 

自分の意見を堂々と発言できる人は、自分の軸を持っている証拠です。そのような姿勢で取り組んでいるからこそ、職場の人から信頼されていくのです。感謝される人になるために自分の軸を持つことを意識してください。

 

2-8.不平不満を言わない

 

そして、感謝される人になるためには、不平不満を言わないことも大切です。仕事に対する愚痴や不満が多い人は、職場の人から敬遠されます。

 

また、不平不満が多い人は、仕事に対する責任感が弱い証拠です。感謝される人になるためにも、強い責任感を持って仕事に取り組まなければいけません。

 

2-9.真摯に仕事に取り組む

 

感謝される人になるための習慣として最後に挙げるのが、真摯に仕事に取り組むことです。仕事に必要な知識を積極的に勉強しているような人です。

 

また、同僚の仕事のサポートを自発的に行える人も、周囲から感謝されやすいです。当然ながら、真剣に仕事をしていない人が周囲から感謝されることはありません。真摯に仕事に取り組むことは、他人から感謝されるための大前提なのです。

 

3、確実に評価されるモチベーション管理術

 

さて、ここまで感謝される人になるための具体的な要素について話をしてきました。組織で感謝される人になれば、会社からの評価が高まるのは言うまでもありません。

 

しかし、評価を高めるためには、仕事に対するモチベーションを持続させることも大きなポイントです。そこで、ここではモチベーションの管理方法について解説していきます。

 

まずは、仕事において明確な目標を持つことです。例えば、現在よりも給料を月額10万円あげるというような目標です。自分のやる気が高まる目標を持つことで、仕事に対するモチベーションを継続することができます。

 

モチベーションの持続には複数の目標が必要

 

また、複数の目標を持つことも大切なポイントです。例えば、会社から評価され、先ほどの目標の給料を達成したとします。そうすると、次の目標がなくなり、モチベーションが続かなくなってしまうのです。

 

そのため、仕事における目標を持つ時は、複数の目標を作ることを心がけてください。職場での評価を満点に近づけるためには、このようなモチベーションを持続させる工夫が鍵を握っています。

 

さらに、完成することのない目標を立てることもモチベーション管理の大きなポイントです。完成することがない目標というのは、「営業として成長する」「世の中の人の役に立つ」というような目標です。

 

先ほどの「給料10万円アップ」というような目標であれば、達成してしまったら完了します。そして、達成したと同時にモチベーションも下がってしまいます。しかし、完成することのない目標を持つことで、モチベーションを継続させることができるのです。

 

さいごに

 

さて、ここでは組織で感謝される人になるために必要な要素について話をしてきました。周囲から感謝される人には、職場における行動や習慣に特徴があります。それらを9つの習慣で解説してきたので、日々の仕事で確実に実践するようにしてください。

 

また、職場での評価を満点に近づけるためには、モチベーションの管理が非常に重要です。仕事に対するやる気が沸かなければ、十分な成果を上げることができないからです。そこで、意図的に自分のモチベーションを管理しなければいけません。

 

ここで解説した内容を正しく実践して、職場の上司や同僚から感謝される人を目指してください。

 

 

Sponsored Link