人脈が広い人、人脈が狭い人の仕事の習慣|営業学

Sponsored Link

人脈が広い人、人脈が狭い人の仕事の習慣

 

あなたは人脈が広い方ですか。広い人脈を持っている人は、人脈が狭い人よりも充実した人生を送れるのは間違いありません。あなたも今よりも人脈を広げたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

 

しかし、人脈が広い人とそうでない人は、具体的に何が違うのでしょうか。そこで、人事コンサルタントとして年間400人以上のビジネスマンと接している私が、人脈が広い人とそうでない人の違いについて解説をしていきます。

 

1、幅広い人脈を持つことの3つのメリット

 

まず、広い人脈を持っていると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。人脈が狭い人にとっては、具体的にどのようなメリットがあるのか分からないですよね。

 

そこで、最初に幅広い人脈を持つことのメリットを、具体的な例を挙げながら説明していきます。

 

1-1.ピンチの時に助けてくれる

 

何と言っても一番のメリットは、ピンチの時に助けてくれる人が多いというポイントです。知人の数が多ければ多いほど、助けてくれる人が現れる確率も高まるからです。

 

例えば、仕事の取引先とのトラブルで悩んでいたとします。このとき、取引先と同じ業界で仕事をしている知人がいれば、その知人に相談したりアドバイスを求めたりすることができます。

 

つまり、単純に人脈が広い方が、仕事やプライベートでもピンチの時に助けてもらえる確率が高いのです。損得なしで相談に乗ってくれる人がいるだけでも心強いですよね。

 

1-2.最新の情報が手に入る

 

また、幅広い交友関係を持っていると、最新の情報が定期的に手に入るというメリットもあります。特に社外の人脈が広い人は、異なる業種や業界で働く人達の話を聞けるために新しい情報が自然に入ってきます。

 

特にサラリーマンとして働いていると、職場の同僚や上司との付き合いだけになってしまう傾向があります。そのため、職場でしか通用しないような情報しか入ってこなくなるのです。交友関係が狭くなり、世の中の新しい情報が入って来なくなります。

 

しかし、様々な業界に知人がいれば、その業界に精通した人から最新の情報が聞けたりします。最新の情報が定期的に手に入ることで、仕事やプライベートに活かすことができ、日々の生活も充実していくのです。

 

1-3.自然に視野が広がる

 

また、広い人脈を持っていると、自然に視野が広くなるというメリットもあります。これは、多くの人と話ができるので、色々な考え方や生き方に振れることができるからです。

 

どうしても人間というのは、物事を過去に捕われて考えたり、固定概念で判断したりしてしまいます。しかし、自分とは違った物の見方をする人達と交流することで、自分の考え方が柔軟になってくるのです。そのため、人脈が広い人は、自然に視野が広がってくるのです。

 

Sponsored Link

 

2、人脈が広い人、人脈が狭い人の特徴

 

このように、幅広い人脈を持っていることで、非常に多くのメリットがあります。これだけのメリットがあれば、当然ながら人脈を広げたいと思いますよね。それでは、人脈が広い人とそうでない人では、具体的に何が違うのでしょうか。

 

2-1.周囲の人に配慮ができるか

 

まず、人脈が広い人の特徴として挙げられるのが、周囲の人達への配慮ができるという点です。仕事でもプライベートでも、他人の気遣いができる人は、人に好かれるものです。そのため、自然に人脈が広がっていくのです。

 

しかし、人脈が狭い人は、自分のことだけを考えていたり、損得だけで動いたりしているのです。自己中心的な人間に、人が集まるはずはないですよね。人脈を広げたいのであれば、他人に配慮することを意識してください。

 

2-2.真っ先に行動できるか

 

また、人脈が広い人は、どのようなことでも真っ先に取り組める行動力を持っています。そのため、他人に勧められた新しい趣味などに積極的にチャレンジします。そうすることで、着々と知人が増えていくのです。

 

一方、人脈が狭い人は、行動力がありません。例えば、知人に外部のサークルに誘われても、「興味が沸かないから」と断ってしまうのです。このように、行動範囲が狭いので、必然的に人脈も広がっていかないのです。

 

2-3.信念を持っているか

 

そして、人脈が広い人の特徴として、自分の信念を持っているという点も挙げられます。例えば、信念を持って仕事に取り組んでいる人は、非常に魅力的ですよね。確固たる信念を持っている人には、周りの人が集まってくるのです。

 

しかし、人脈が狭い人は、自分を持っていません。自分自身の信念がなく、常に周囲に流されているのです。このような魅力のない人間の人脈が広がる訳はありません。

 

Sponsored Link

 

3、人脈を広げるための秘訣

 

それでは、交友関係が狭い人が、人脈を広げるために具体的にどのようにすれば良いのでしょうか?ここからは、人脈の広い人になるための方法について説明していきます。

 

3-1.人脈が広い人の真似をする

 

最も効果があるのが、人脈が多い人の特徴や習慣などを真似することです。先ほど説明した人脈が広い人の特徴を、あなた自身もぜひ実践してみてください。

 

周囲の人達へ気遣いをすることで、自然に人望が集まってきます。そして、新しいことに積極的にチャレンジし、何事にも信念を持って行動しましょう。人望が広い人の真似をすることが、人脈の広い人になるための近道なのです。

 

3-2.魅力的な人間になる努力をする

 

人脈を広げるためには、周囲から魅力的な人間に見られるように努力することも大切です。仕事でもプライベートでも、常に自分に自信を持って行動しましょう。周囲に流されることなく自分の軸を持っている人は、非常に魅力的です。

 

また、魅力的な人間になるためには、外見も大切です。常に、清潔感のある服装を心がけてください。また、ビジネススーツや小物アイテムなどに拘りを持つことで、あなた自身の個性をアピールすることもできます。

 

さいごに

 

さて、ここでは人脈が広い人とそうでない人の違いについて話をしてきました。人脈が広い人の特徴や交友関係を広げるための具体的な行動を解説してきましたので、人脈を広げるためのヒントが掴めたのではないでしょうか。

 

実際に幅広い交友関係を持っている人は、仕事もできるしプライベートも非常に充実しています。ここで解説した内容を実践することで人脈を広げ、あなたも充実した日々を手に入れてください。

 

 

 

Sponsored Link